ケーブル技術ショーCable Tech Show2018

2018/7/19木~20金東京国際フォーラム ホールE

業界最新動向・テーマ展示

主催者テーマ展示ゾーン

今年度の主催者テーマ展示では、『ケーブル技術が創る未来タウン』と題して、『4K8K放送/IP放送』『新4K8K衛星放送の普及・啓発』『ケーブルテレビ高度化技術』『防災・減災+IPDC技術ソリューション』『IPTV技術ソリューション(放送・通信連携)』『ケーブルテレビ網の無電柱化』『ケーブルテレビ高度化技術(23GHz無線)』の7つのエリアで展開します。 これらのテーマ展示を通じて、人をつなぐ、地域をつなぐ、豊かな社会づくりの実現に向けた情報通信インフラの先端技術および動向をわかりやすく紹介します。

4K8K多チャンネルIP放送の棟内伝送技術協力:NHK放送技術研究所

棟内が同軸ケーブルしか敷設されていないFTTB接続の集合住宅に適用できる、4K8K多チャンネルIP放送に向けたDOCSIS棟内伝送技術を紹介します。

新4K8K衛星放送の普及・啓発協力:(一社)放送サービス高度化推進協会

4K8Kの実用化が進む中で、引き続き電波漏えい対策に関わる助成金制度やビルの設備再構築をメインとして紹介します。

ケーブルテレビ高度化技術協力:(一社)日本ケーブルラボ

運用高度化を支える「Wi-Fiリモート保守システム」、「リモート運用保守タブレット」、「次世代スマート4K編集システム」、「メタデータ自動生成」、「次世代映像配信技術」、「ネットワーク監視プローブ」の各デモ紹介と「LPWA用アプリケーション(GPSトラッカー、土壌温度湿度センサ)」と「高齢者アプリケーション(健康管理・認知症予防・詐欺防止)」を紹介します。

防災・減災+IPDC技術ソリューション協力:IPDCフォーラム

IPDC技術を活用したIoT対応でワンストップ型のケーブル防災情報システムの実現と、LPWAの併用による途絶しない通信ソリューションのデモを紹介します。

IPTV技術ソリューション(放送・通信連携)協力:(一社)IPTVフォーラム

ハイブリッドキャスト(4K)ビデオを使った2K放送と4K同時配信やハイブリッドキャストコネクト(ハイコネ)を用いたIoTやスマホとの連携サービスなどの放送・通信連携サービス技術を紹介します。

ケーブルテレビ網の無電柱化協力:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

施策中の小型化ペデスタルボックス、特殊部を展示し、ケーブルテレビ網の無電柱化の推進、低コスト化の取組などを紹介します。

ケーブルテレビ高度化技術(23GHz無線)協力:京セラコミュニケーションシステム(株)

災害発生時に活躍する23GHz帯の周波数を使用する小型・軽量のケーブルテレビ応急復旧・強靭化用システムの進化型、双方向23GHzシステムソリューションを紹介します。