ケーブル技術ショーCable Tech Show2019

2019/6/19水~20木東京国際フォーラム ホールE

ケーブル技術ショーの特徴

ケーブル技術ショーは、ケーブル業界を技術面でバックアップし、
業界の発展に貢献する技術やソリューションが展示される国内最大の展示会です。

日本のケーブル技術の“キープレイヤー”が一堂に集結

良質な“情報発信の場”の機会を提供する展示会

来場者の感想

  • ●4K8K本放送開始に伴う動向が理解できた。
  • ●自社でIoTの提案等を行うことがあるため参考になった。
  • ●小電力無線とケーブルを合わせたサービスの展開を見ることができた。
  • ●FTTH導入に向けての情報収集、4K8K対応製品について知ることができた。
  • ●4KSTBの新型を確認できた。
  • ●10G-PONの導入を検討できた。
  • ●定常時、災害発生時を通して、データ放送と防災行政無線やラジオの連携など有効なことが分かった。
  • ●IP伝送へどういうタイミングで変わっていくのか知りたかった。
  • ●STBにアンドロイド搭載されたことに驚きました。
  • ●LTE、FMラジオ(防災用)、LPWAを活用したサービスについて知ることができた。
来場理由(複数回答)

会期終了後の出展者の感想

日本のケーブル技術の“キープレーヤー企業”が勢揃いする価値ある展示会

技術展示会出展者の感想

  • ●ターゲットとする顧客の集客ができた。目標となる営業情報の獲得ができた。
  • ●昨年以上の来場者で、新製品をPRできるよい場であった。
  • ●市場動向や他社情報をある程度収集できた。
  • ●防災・減災・地域創生に関して、来訪者のニーズを感じた。
  • ●これまでコンタクトできてないユーザの獲得ができた。

技術セミナー主催者の感想

  • ●期待したお客様に参加頂けた。またセミナー後の問い合わせも想像以上に多かった。
  • ●ケーブルテレビ事業者の経営者層に向けて、事業戦略及び今後の方向性に関する効果的なアピールができた。
  • ●技術セミナー開催後、多くのアポイントが入った。
  • ●セミナー実施後にブースに立ち寄られるセミナー参加者が多く、反響を実感できた。
会期終了後、商談につながった件数は?