開催概要 - Overview

開催テーマ

〜毎日の安全・安心を支える情報通信インフラの高度化を目指して〜進化するケーブル技術の新たな挑戦!The new challenge! of evolving cable technology

本展示会の狙い

  • 2015年7月に公表された4K・8K推進のための新ロードマップでは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の数多くの中継が4K・8Kで放送され、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいる。また、2025年頃のイメージとして、4K及び8K実用放送のための伝送路として位置付けられたBS左旋及び110度CS左旋において多様な実用放送が実現し、右旋の受信環境と同程度に左旋の受信環境の整備が進捗していると描いています。
  • 一方、ケーブルテレビに於いても、ケーブルテレビ4K放送のリモート視聴とハイブリッドキャストの両機能を合わせ持つ第3世代STBに関する各種運用仕様の改定等が行われ、4K・8K放送をケーブルテレビで再放送するためのトランスモジュレーション方式多重化装置、衛星IFパススルー伝送集合住宅棟内伝送システムやFTTH伝送システム等の検討が進められており、複数搬送波伝送方式や衛星IFパススルー伝送方式に関する技術規格等の改定作業が行われています。
  • 日本の過半数を占める世帯(約3千万世帯)に普及し、4K・8K、スマートテレビ等の高度な放送・通信連携サービスを担う重要インフラとなったケーブルテレビでは、2025年に向けて国が進める4K・8K放送サービスの高度化や、一方で2011年3月の東日本大震災を契機として進められている防災・減災への取組みなど社会的なニーズに応える様々な技術開発が急速なスピードで展開されています。

これら社会的な要請を技術面で支える一般社団法人日本CATV技術協会(JCTEA)では、「ケーブル技術ショー2017」をケーブルコンベンション関連イベントとして開催し、最先端の技術やソリューションを来場者にはもちろん、ホームページや広告媒体を通じて広く内外に情報発信いたします。

全体概要

※後援・特別協賛・特別協力・協力は2016年の実績をもとに予定として記載しています。

技術展示会

  • 会期

    2017年
    7月20日(木) 9:30~18:00
    7月21日(金) 9:30~17:00
  • 会場

    東京国際フォーラム ホールE
  • 入場料

    無料(入場登録制

技術セミナー

  • 会期

    2017年
    7月20日(木) 9:30~18:00
    7月21日(金) 9:30~16:30
    ※各セミナー1時間で2会場展開。20日(木)6回×2会場、21日(金)5回×2会場、合計21セミナー実施。
  • 会場

    東京国際フォーラム ホールE隣接 セミナー室-1/2
  • 入場料

    無料(入場登録制