ケーブル技術ショーCable Tech Show2018

2018/7/19木~20金東京国際フォーラム ホールE

2018年の特徴

ケーブル技術ショー2018のコンセプト

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで1000日を切った今、「4K・8K推進のためのロードマップ/総務省」に描かれる2020年、2025年の未来ビジョンを目指し、ケーブル技術の技術進化、放送・通信高度化など、ケーブル事業を取り巻く環境は急速に変化しています。加入世帯数が日本総世帯数の約半数を占め、日本の放送・通信インフラの一翼を担うケーブルテレビの役割は今後、ますます重要となり、地域社会やユーザーニーズに応じたサービス、ソリューション、技術の高度化と多様化にケーブル業界が一体となって取り組む必要があります。

ケーブル技術ショー2018では従来の主要来場者層に加え、最先端ケーブル技術・ソリューションの新たな活用が期待される「地方自治体・病院・ホテル」等、地域の公的役割を果たす来場者層の誘致を強化します。さらに、未来社会における新しいユーザーニーズの発掘および新しいケーブル技術・ソリューションの発展に欠かせない最先端テクノロジー分野の来場者層の動員にも力を入れてまいります。

ケーブルテレビに期待される役割

~人と地域と社会を結ぶ、情報通信インフラの実現にむけて~

最先端ケーブル技術の未来創造

Creating the future by the most advanced Cable Technology

ケーブルテレビの未来を支える最先端技術の見本市である「ケーブル技術ショー2018」では、「4K・8K ケーブル伝送技術関連」、「防災・減災・地域の重要インフラ関連」、「IoT・スマート化・未来社会関連」を最先端技術の軸として社会と連携し、最先端ケーブル技術と共にある未来生活・社会像といった「未来ビジョン」を発信します。

来場ターゲット

主要来場者層

  • ●ケーブルテレビ事業者
  • ●ハード / ソフトベンダー
  • ●番組供給事業者
  • ●放送事業者
  • ●工事事業者
  • ●官公庁 / 団体
  • ●一般ビジネス・その他

強化する
ターゲット層

■地方自治体・病院・ホテル等

  • ケーブルテレビの強みであり、社会的役割として期待される「地域の安心・安全」「地域活性化」に重要な役割を果たす来場者層。

■CPS/IoT関連事業者

  •  ・ CPS/IoT、スマートハウス・シティ関連
  •  ・ AI、VR関連

ますます発展が加速し、今後ケーブルテレビとの協働が期待される先端テクノロジー分野の来場者層。

出展対象分野

  • ●ヘッドエンド系
  • ●伝送系
  • ●受信端末
  • ●無線
  • ●部品
  • ●ソフト
  • ●制作系
  • ●プラットフォーム
  • ●総合
  • ●CPS/IoT